Lightning Pro と私の二〇二〇年

バンコクの空と雷。ー Photo by Dominik QN on Unsplash

この記事は「Vektor WordPress Solution Advent Calendar 2020」の12月16日の記事になります。

前回の石川さんの「できる!WordPressカスタマイズ #04 アクションフックを使ったカスタマイズに挑戦!」の記事に引き続き、書かせていただきたいと思います。

あらためましてこんにちは。香港生活10年とちょっとの KOUNO Chiaki です。

普段は香港で、日系企業向けに香港市場プロモーションを、香港企業向けに日本市場プロモーションを手伝っており、WordPress案件ふくめ、求められたことは浅く広くいろいろとやっております。最近では比較的システム開発のディレクションや、広告関連やSNSプロモーション、翻訳などが一番時間をかけているところだと思います。

ですが昨夜はまさに WordPress + Lightning Pro を使って日本のお客さんと打ち合わせながらリアルタイムに更新しておりました。

ふりかえってみると私の二〇二〇年は、Lightning Pro とそのテーマ作者であるVektor,Inc.石川 栄和さんにご縁がありお世話になった一年でした。そんなこんなで、ぜひこの機会に記事にできればと、生まれて初めてのアドベントカレンダーにチャレンジすることにしました。ぜひよろしくお付き合いください。

まずは今年、Lightning Pro を導入してウェブサイトを作ったあれこれです。

有料テーマ導入で変わった制作フロー

有料テーマを使う前は、サイトマップ+ワイヤーフレーム作成、デザインカンプ作成、HTML+Sassを書きつつのWordPressテンプレートへの組み込み、というのが長年のフローでありました。お客さんにブラウザ上で見て触って体感していただくまでにはそれなりに時間がかかっていたな、と今にして思います。

今年はWordCampイベント界隈をうろつき、情報発信をしていた効果か、「WordPressの案件でちょっといいかな」とお声もかけていただくことがあり、お話を聞くと「こりゃ有料テーマでサクッとできますよ」の流れから案件を引き受けさせていただくことができました。

こうなると、コンテンツ整理&サイトマップが固まれば、すぐにWordPressサイトの構築にとりかかれます。テーマに備わった機能やブロックエディターのお蔭で、ほとんどコードを書く必要がなく構築ができ、お客様にテストサイトに触っていただくまでが格段に早くなりました。テストサイトをお客様に見せたときの「あら、もうできてますやん」の反応が、とても良き!

浮いた工数で、コンテンツをより良いものにしたり、アクセシビリティを考慮していく作業にしたり、はたまた更新担当者のトレーニング時間も余裕を持てたりと、他の箇所に注力できるのは、私にとってもお客様にとっても、サイトに訪れるユーザーにも良い事づくしだなと思います。

ああ、もうすっかりイチからテーマを書く時代では無くなったんだな、と実感の一年でした。

(とはいえ魔改造システム案件のフローはまだ変えられていないので、これからの課題。Figma+有料テーマの研究をがんばりたいところ!)

Lightning Pro めちゃ使いやすい。

Lightning Proで制作をさせてもらって感じたことはこちら:

  • Lightning ヘッダー上部設定で、カスタマイズできる箇所とデザイン表現が中小企業、個人事業のビジネスにバッチリ
  • そんなところまで!孫ページ表示のコントロールがしやすい
  • 多機能型プラグインVK All in One Expansion Unit (ExUnit)でつよつよ
  • 「そういうのが欲しかった」ブロックが揃ってます。
  • ノーコードな更新担当者に引き継ぎやすい

ということでザーっとご紹介します!

Lightning ヘッダー上部設定で、カスタマイズできる箇所とデザイン表現が中小企業、個人事業のビジネスにバッチリ

右上のここが使えるんです

グローバルメニューの数をなるべく少なくしたいときの「Lightning ヘッダー上部設定」がとても嬉しい。コンテンツのもくじとしては含まれない「お問い合わせ」のほか、「ヘルプ」「ダウンロードセンター」などの機能的なリンクをここに置けるのが素晴らしく役立ちます。

サイドバーの孫ページ表示のコントロールまでしやすい

Lightning デザイン設定 > その他の設定「固定ページのサイドバーに非アクティブな孫ページを表示しない」

固定ページで孫ページまで存在するとき、サイドバーの表示で階層が深くなりすぎて見づらくなるのですが、「固定ページのサイドバーに非アクティブな孫ページを表示しない」をチェック一つで有効にすれば、孫がぶら下がっている子ページを表示しているときだけ孫ページが表示されるのでスッキリ!で助かった場面がありました。

テーマでここまで痒いとこまで手が届く感が有り難い!と実感した機能です。

多機能型プラグインVK All in One Expansion Unit (ExUnit)でつよつよ

どうつよつよかご紹介しようと思ったら、浅川さんの記事がめっちゃ良かったのでぜひ読んでください!(丸投げ)

浅川さんの記事:今のサイトをプラグインでプチリニューアルもできる!ExUnit お気に入り機能5選

「そういうのが欲しかった」ブロック、揃っております。

私のお気に入りはカードブロックとステップブロック、タイムラインブロックです。「VK」がついたブロックアイコンがステキ。

トップページのシングルカラムデザインではOuterブロックが欠かせませんね。

ノーコードな更新担当者に引き継ぎやすい

とにかくコードを意識しなくて良いので、ノーコードな担当者に引き継ぎやすい事は大きなプラスポイントですね。

自分でテーマを書いていた頃は、テーマ内固定にしてしまうリンクやコンテンツもたくさんあったので、手離れが悪かったところが解消されました。

爆速で出来上がるので隙間案件も受けちゃう

早くできる。作業してて楽しい。

割とかつかつスケジュールの中で、以前だったら「もう断ろうかな」という案件もLightning Proのおかげで「いけますよ!」と言える心の余裕が生まれています。ありがたし…!!

(このあと、Lightning Proで作ったウェブサイトをまるっと静的化したお話も、と思っていたのですが、案件がまだそこまで進まず模索中なので、また次回にかけたらいいなと思います。)

ということで、ここからは皆さんお待ちかねの余談に突入したいと思います。

余談1:100%GPLのお話から始まった私の二〇二〇年

私がスタッフとして参加しているオンライン勉強会のWP ZoomUPで年始めに「#34 WP ZoomUP 新春スペシャル 100%GPLテーマ作者大集合!」というテーマでイベントを開催しました。

Lightning石川さんをはじめ、Nishiki今村さんLIQUID PRESSIwamotoさん、Snow Monkeyキタジマさん、SWELLさんという錚々たる100%GPLテーマ作者さんに集まっていただきました。

そこで「100%GPLってなあに?」の導入のところをお話させてもらう機会があり、あらためてライセンスのことについて私自身が一番勉強になり、100%GPLを採用してくれるテーマ作者さんへの感謝の気持ちが生まれた会になりました。

開催レポートはこちら:https://wpzoomup.com/report34/

動画アーカイブはこちら:https://youtu.be/GPJSbRqGENI

余談2:Covid-19によるWordCamp Asiaのキャンセル

Covid-19の影響でここまで世界が変貌するとは思ってもいなかった2月、WordCamp Asiaが開催10日前のキャンセルとなりました。私も実行委員として関わっていたこともあり、残念な気持ちをかかえたまま、WordCampのないバンコクへ移動。

そこではほかにも様々な思いをかかえて集まってきたWordPressな人々に合うことができました。そのうちの一人は、、、そう!Lightningの石川さんでございます!

石川さんの記事:幻のWordCamp Asia 2020 振り返り

石川さんの記事にもあるアユタヤ観光、私もご一緒させてもらいました^^

象の背中にのり、石川さんとツーショットで激写されたカットがこちらです(どこ需要)

Photo by mimiさん 肝心の象が写っていませんがw 象使いの兄ちゃんがめちゃくちゃイケメン。

いやぁ、日本を代表する100%GPLテーマ作者さんと、象の背中で揺られることは、そうそうないのではないでしょうか。だから、ここで自慢させておいてください。

余談3:キーパーソンヘッドハンティングを目撃

そしてこのバンコクで、この先のLightningの開発を左右するキーパーソンのヘッドハンティングが行われていた事実を皆さんは御存知でしょうか?

ヘッドハントされた人物とは?

それは私!

そんなわけは無く…!

我らが mimiさん です!(きゃー!!パチパチパチ!)

mimiさんの記事:WordCamp Asia 2021 の視察旅行へ勝手に行ってきました・ゆるっとバンコク一人旅 其の一

メインのmimiさんのお写真は私が撮影!mimiさんのお召し物は旅のあいだじゅうステキでした。きっといつもステキなんだろうな。

このあと実際にmimiさんがベクトルのチームにJoinされて、Lightning勉強会でお見かけしたり、ブロックアイコンが素敵になったり、神記事とか神記事を書いてくださったり、とを拝見しながら、「あ、ヘッドハンティングを目撃したんだった私!WordCamp Asiaが開催されるはずだった会場のあるICONSIAMで同じお店のテーブルでパッタイを食べながら‥おいしかった。」としみじみ思い出しておりました。

ヘッドハンティング現場にパッタイ到着で歓喜の様子

当時こっそり相方が「ちあきさんにはお声がかからないんですね?w」と囁いてきて泣いた。ちがうんだ、ほら、私ってだいたい賑やかし担当じゃないですか?役割が全然ちがうんだ、うん。

余談4:アジア初!Woo EC Fes オンライン開催!

アジア初開催のWordCampAsiaが中止になったのは残念でしたが、WordPressのECサイトプラグイン「WooCommerce」のコミュニティによる初のアジアリージョンイベント「Woo EC Fes Japan 2020」が日本開催となったのでした。めでたい!こちらは オンラインチャリティハッカソンイベントの do_action Japan 2020 でご一緒した田中さんからお声掛けいただき、実行委員として参加しました。このイベントの公式サイトのテーマはツールスポンサーとして「Lightning Pro」の導入が決まり、石川さんご自身もご登壇されるなど、またまたここでもLightningと石川さんとのご縁があったのでした!

実際のサイト構築を担当されたLightning愛溢れるSugishita Chiakiさんによるカスタマイズ記事はこちら:Woo EC Fes のサイトテーマについて

ありがとうLightning!ありがとう石川さん!そして、ありがとう!

めっちゃ使える! Lightning Pro!

実にLightningと石川さんにご縁のある二〇二〇年でした。これからもどうぞよろしくおねがいします!

ということで、余談のほうがボリュームもりもりな記事を最後までお読みくださりありがとうございました!

続きのアドベントカレンダーのみなさんの記事も楽しみにしております〜!!

あ、明日 2020/12/17(木) 20:00 〜 VWSオンライン勉強会 #017 実績紹介サイト説明&年末プレゼント企画他 が開催だよ!

うおー!申し込みました!楽しみ!

Connpass参加登録はこちらから!→ https://vektor.connpass.com/event/197325/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。